ミーハーによる映像翻訳ブログ

海外在住者/映像翻訳学習者の雑記です。

『スキャンダル』

『スキャンダル(原題:Bombshell)』を劇場で鑑賞してきました。FOXニュースで実際に起こったセクハラ告発事件を映画化した作品ですね。噂には聞いていましたが、シャーリーズ・セロンの化けっぷりが本当にすごかった!どこからどう見てもメーガン・ケリー。目元の雰囲気がゾクゾクするほど似ていました。これはひょっとして、カズ・ヒロ氏が再びオスカーをさらっていく可能性もなきにしもあらず…。アカデミー賞の発表が待ちきれません。

 

FOXニュースCEO役のジョン・リスゴー氏は、『ザ・クラウン』でチャーチル首相を演じていらした方ですね。おかげで、チャーチル首相がアメリカ美女にセクハラしているように見えて仕方なかった…のは『ザ・クラウン』の観過ぎですね。そしてチャーチル首相といえば、カズ・ヒロ氏がゲイリー・オールドマンを変身させ、2人揃ってアカデミー賞に輝いたという妙なつながりも。映像作品って、いつもどこかで誰かが/何かがつながっているのが本当に面白いですね。

 

で、作中このCEOが結構な高齢なので移動に歩行器を使っているんですが、ハリウッドを騒がせたもう一人のセクハラ王ハーヴェイ・ワインスタイン氏の歩行器姿と妙に重なるんですよねぇ。もしやワインスタイン、CEOからインピレーションを受けたとか?なんて色々思い巡らせてしまいました。

 

これからご覧になる方のためにあまり多くは語りませんが、個人的に鳥肌が立ったポイントは↓

  • マーゴット・ロビーが何度も「higher 」と言われるシーン
  • ケイト・マッケノンの脇役好演ぶり
  • 告発されるCEO役ジョン・リスゴーの、たぽんたぽんのアゴ(←これもメイク)
  • シャーリーズ姐さんの素敵なお召し物の数々

次回はぜひとも!日本語字幕で鑑賞したい作品です。

 

ちなみに、シティの映画館に行ったのは去年の『ボヘミアン・ラプソディ』以来およそ1年振りでしたが、チケット売り場がタッチパネルのセルフサービスに変わっており、入場する際もチケットがセルフスキャン式になっていました。なるほど、こうやってコンピューターが人間の仕事を奪っていくのか…と実感したしだいでした。え、映像翻訳の仕事は、う、奪われまい。

 

冒頭でメイクアップのことを書いていて、死ぬほど好きなこの動画を思い出してしまいました。これ覚えてる方、いらっしゃるでしょうか…?この年のベン・スティラーに勝るプレゼンターは、未だに現れていないですよね?


Star Trek Wins Best Makeup: 2010 Oscars